「常磐炭田の歴史」写真集

常磐炭田史研究会 平成18年10月31日発行
写真が語る常磐炭田の歴史
■研究会は、常磐炭田(いわき地方)終焉30年記念・いわき市市制施行40周年記念として標記の写真集を編集・発行した。多くの市民等から強い関心で迎えられ、発行後たちまちのうちに完売し在庫ゼロとなるほどの好評であった。
■主な内容
※刊行あいさつ等 里見庫男会長 櫛田一男いわき市長
斎藤一彦常磐興産株式会社社長

・第1部 レンズの中の炭礦(写真集)

第1章 石炭を地中から市場へ

常磐炭田の概要 炭礦景観 竪坑 坑口 採炭(切羽 排湯・排水対策 採炭関連施設・機械 発電 炭礦事故 外国人労働者 坑内夫 選炭場 石炭積込場(万石) ずり山 石炭輸送 駅

第2章

炭礦社会に生きる(生活の部)
炭礦住宅 更生・保健衛生・娯楽施設等 学校、保育所・幼稚園 企業学園・研修 飯場・合宿所・寮 炭礦(やま)の暮らし 天皇入坑 山神社・山神祭 労働組合 労働争議 交際坑夫 文化 スポーツ 閉山 閉山後

第3章

地域と時代を映す(フォト&コラム)
1時代編

  1. 石炭発見と事業化の過程
  2. 戦争を挟み興亡を繰り返す炭礦
  3. 石炭産業は最盛から衰退へ

地域と時代を映す(フォト&コラム)
1時代編

  1. 双葉地区
  2. 石城北部地区<1>小川・赤井
  3. 石城北部地区<2>好間
  4. 石城北部地区<3>内郷
  5. 石城北部地区<4>湯本
  6. 石城南部地区<5>勿来他
  7. 多賀地区1<関本・南中郷他>
  8. 多賀地区2<高萩・十王>
・第2部 炭礦閉山と再就職活動(座談会)

~炭礦大閉山と再就職活動~ 出席者  平野正夫氏(大閉山当時の平公共職業安定所職業紹介課長)
 菅野勝雄氏(大閉山当時の労働組合本部書記長)
 円谷裕一氏(大閉山当時に常磐炭礦株式会社に勤務)
 里見庫男氏(常磐炭田史研究会会長・当時)
 ・司会 野木和夫氏(研究会役員)・他、事務局員(大谷 明、菅波 晋、渡辺文久、酒主真希)
 ※年表・写真協力者・参考資料・あとがき

写真が語る 常磐炭田の歴史

現在、販売中です。
購入申込みは、事務までご連絡をお願いします。
(一冊1,500円)
送料は、ご負担願います。

申し訳ございませんが、完売致しました。